×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

起業に資格は有利か?

起業に資格は有利

国家資格を取得しても稼ぐのは難しい

司法試験に合格して弁護士資格取得をしたり、税理士や中小企業診断士などの国家資格を取得することは長時間の受験勉強と実際の経験などが重要になります。

弁護士になって、弱者救済をしたい、税理士になって、中小企業経営者を助けたいから資格取得して起業というのはとてもいいと思います。

しかし、独立開業するために起業があった方が有利なのではという思いで、資格取得はしない方がいいです。

なぜなら、高額報酬で有名な弁護士や弁理士、税理士でも年収1000万円を稼げる起業家はあまりいないからです。

インターネットが発達した今、稼げる商品の仕入れや作成はとても格安で簡単になりましたので、とにかく起業したい、お金儲けしたいという場合は、資格取得ではなく、インターネットビジネスの勉強をしましょう。

国家資格保持者平均年収以上に稼ぐならネットビジネス大百科 受験勉強しなくても稼ぐ21世紀型起業モデルとは!

起業で資格取得より重要なマーケティング

起業で資格取得

弁護士や税理士で起業しても、商品やサービスを販売するにしても、いずれの場合も重要になるのがお客様を集める集客ノウハウです。

サラリーマンが嫌がる職種として営業職がありますが、企業求人が最も多い営業職。

なぜ、企業は営業職員を常に募集するのかと言えば、お客様を獲得できなければ、商品を販売して利益を上げることができないからです。

つまり、起業して稼ぐという場合、資格取得よりも集客する方法を先に学ぶ必要があるということです。

情報起業で資格を活用して稼ぐ

情報起業で資格

起業時は資格取得の有無よりも、集客スキルを手に入れる方が大事なのですが、そうはいっても集客して売るものがないから資格が必要なのではと思われるかもしれません。

しかし、インターネットの登場で資格を取得しなくても確実に売れる商材を無料で手に入れる方法ができたのです。

この確実に売れる商材を無料で作成する方法は、ネットビジネス大百科という実質無料で手に入れられる情報商材だ公開されています。

内容の一部を公開すると、インターネット上の無料サービスを利用することでお客様の欲しがっている商品を調査できるという方法です。もちろん、商品の作成方法や仕入れ方法についても音声ファイルで公開されています。

作成する商品は、情報商材と言われるもので、ユーキャンが販売している学習講座のようなものになります。無料で作れるので安心できますね。

ネットビジネス大百科で情報起業

主婦や学生でも月収100万円超!

主婦や学生でも月収100万円超が続出している情報起業。なぜ、情報起業ではお金儲けに成功する起業家が後を絶たないのか。

それは、司法試験のような難しい試験を受験する必要もないですし、お金やコネがなくても確実に売れる情報商材を作成して販売できる仕組みがインターネット上にあるからです。

難解な国家試験の勉強は不要

確実に売れる情報商材を作成したり、仕入れることが誰でも可能なのですから、起業のためだけに資格取得する必要はないということです。

昔は、商品の仕入れルートを開拓するのが大変だったため、仕入れの必要がない資格取得が起業の一つの方法だったというだけのことです。

起業で資格は大変有効です。特に、弁護士、司法書士、税理士などの国家資格の場合、国家資格がないとできないサービスを提供できるので、ライバルが減るからです。

しかし、弁護士、司法書士、税理士などの国家資格を持っている人は数万人以上いるため、実質的には資格があるだけで高い年収が確保できるということにはなりません。

事実、起業で資格を持っていない人の方が年収が高い傾向にあります。なぜかというと、資格ビジネスはあまり利益率が高くない上に、人を雇ってビジネスを拡大しにくいからです。

もちろん、資格を取得して起業することで年収1000万円くらいであれば頑張れば可能ですが、インターネットを使えば資格などなくても年収1000万円くらいなら誰でも得ることができるようになります。

国家資格のように難しい試験を受験しなくても起業してお金儲けできる方法としては情報起業が一番お勧めです。

Copyright © 起業と資格 All rights reserved